喉元事案 hitori_bochi’s diary

妻の病気の事、自分の生きる意味。明けない夜はない。

未知なる世界へ

朝9時15分にがんセンターに到着。

受付を済まし…待つ事……3時間…

待ち疲れ……緊張感が取れ…結果オーライか…

 

で、主治医に開口一番、

「で、どーする?」

予想通りの質問。

前回セカンドオピニオンで治療案は

出し尽くしてくれたので、

コッチが選択する以外なく…。

私も色々と心配事や、疑問をぶつけていると

私の中で意見がまとまり出し…

「治験」が私も妻も納得の行く選択。

 

新しい薬、日本でも50人…しか飲んでない。

オカルトな話になってしまうが、

今日が治験参加希望者の期限日だったらしく…

縁も感じた…

 

これに賭けてみる。

 

主治医も治験コーディネーターも

とても親切でいい人。

一生懸命に対応してくれている。

感謝です。

 

これで、前に進める。

妻の肺がんタイプは

まだまだ、治療方法は沢山ある。

主治医も迷うくらいだと。

 

治験は検査が多く、特に最初の1ヶ月は

毎週2日程休まないといけないから

思い切って仕事を1ヶ月休む事に。

二泊三日でスタート前の検査入院もあるしね。

 

大変だけど、何とか乗り越えて行こう。

 

明けない夜はない。