喉元事案 hitori_bochi’s diary

妻の病気の事、自分の生きる意味。明けない夜はない。

正しい情報。

2クール目の入院中の出来事。

生検の結果を聞いた所、

PD-L1は検出されなかったとの事。

この話は主治医の下で働いてる

若手の先生から聞いた。

ところが、その後の主治医との

診察の時、生検の話になり

詳しく聞いてみると、そもそも

生検に使う為に必要な細胞の量が

少なく、PD-L1の検査、その他の遺伝子変異の

検査が出来なかったらしい。

つまり、悪性と言う事は判ったが

それ以上は判らなかったと言う事。

若い先生だからでは済ませたくない事案。

患者やその家族は医者からの情報意外

自分の体の事は判らない。

PD-L1の発現量で免疫チェックポイント阻害剤の効果、若しくは使用の可否が変わると

言われている。

重要な情報。検出されなかったと検査すらしてないのはまったく違う。

今直ぐに免疫チェックポイント阻害剤を

使う訳ではないが少し医師に対して

疑念が湧く。

主治医はとても信頼が出来る方なので

安心しているが…。

患者とその家族の心情を考えた

考動を望む。