喉元事案 hitori_bochi’s diary

妻の病気の事、自分の生きる意味。明けない夜はない。

フットボール人生。

昨日、長男がJリーグチームの

ジュニアユースのセレクションを受けた。

実は今回が2回目、ラストチャンス。

他の選手と引けは取らないが…

ほんの少し、ほんのチョット、違う…かな。

残念な結果。

これまで順風満帆でカテゴリーを駆け上がって

きたけど、ココに来て停滞していた…。

色んな試合で。

 

凄く悔しい…私が1番悔しいかもしれないなぁ…。

子供に夢を見させて貰ってるから

少し背伸びした夢を見たたかな。

私はサッカー未経験。

スポーツもロクにしてない。

勝つ喜び、負ける悔しいさ。

努力、根性、チームの一体感…

そんなモノを知らない。スポーツでは。

長男は生まれ持った何かを持ってる…

勉強も色々な役も、サッカーでも

フットサルでも、運動会でも、学芸会でも

いつも、自分に出来る最高の結果を残してる。

本当に尊敬出来る。

我が子としてではなく。人として。

そんな育て方をしたとか、親バカとかではなく…

私は特に何もしてないよ。

 

素晴らしい。これまでの人生は

本当に輝いてる。

 

これからも、父として守ってあげたい。

 

まずは、小学生フットボール人生に一区切り。

中学からどんはフットボール人生を

歩むか一緒に考えよう。

勉強もちゃんとしたいって言ってくれた事が

嬉しかった。  

 

また新しい目標、夢を描こう。

 

フットボールに色んな事を教えて貰ってるからね。